個人再生 デメリット メリット

個人再生はどんなケースで利用するのか

債務整理の手段のひとつに個人再生があります。

 

これはおおまかに言うと裁判所に今後、どのように返済していくのか再生計画案、申立書を提出し、認可を受け債務を減額してもらう手続きです。

 

再生計画案が認可された後に減額して残った債務を通常は3年間(特別な事情がある場合は5年間)で返済していきます。

 

個人再生はざっくりした表現をするなら、自己破産と任意整理の中間的な債務整理方法といえます。

 

任意整理で返済するには債務が大きすぎて無理、しかし自己破産すると家などの不動産を手放さなければならないので避けたい、というケースは多いでしょうね。

 

その点、個人再生であれば債務を大幅に免責でき(約5分の1くらい)、そして一定の条件はありますが車や家などの財産を手放さずに残りの借金を返済していくことが可能になります。

個人再生のメリットとデメリット

ここでメリットを整理してみると

 

  • 個人再生も任意整理、自己破産などの債務整理と同様に、手続きが始まるとお金を借りている業者など債権者はあなたへ返済の督促、差し押さえなどすることができなくなります。
  •  

  • 現在の残債が5分の1程度まで減額し、楽に返済を続けることができます。(3〜5年間で返済します。)
  •  

  • 一定の条件を満たせば、車や住宅など財産を手放さずに持ち続けることが可能になります。
  •  

  • 個人再生の手続きによって、(あなたの連帯保証人になっていなければ)あなたの家族にまで影響することはありません。家族はクレジットやローンの利用に支障が出ることはありません。

 

 

では、デメリットは何かというと

 

  • いわゆるブラックリストに記録され、今後5年から10年間(期間は業者によって差があります)はお金の借入、クレジットカードやローンの利用ができなくなります。
  •  

  • 借金の減額後に3〜5年間で返済を終えることが可能な、継続的な収入、家計であることがあることが条件になります。
  •  

  • 国が発行する広報誌「官報」にあなたの住所、氏名が掲載されます。しかし、ほとんど一般人の目に触れることはありませんが…。