借金 時効

借金にも時効があるって本当?

借金には消滅時効というものがあります。犯罪と同じく、と言っては語弊がありますが、借金の時効が成立するためにも決められた期間があります。しかし、そこには注意すべきポイントがあるのです。

それは時効となる期間(5年間)が過ぎたら、何もしなくても、いままでの借金が全くなくなり、それ以後は返済する必要はない、ということではないのです。

 

借金を時効にさせたいと思っている場合にどうするかというと、時効の援用手続きということを行う必要があります。
これはどういうことかというと、時効までの期間が過ぎ、借金の時効が成立しているので、借金を支払う必要がないということを、借りた相手である金融機関などの債権者に対して、こちらから伝える必要があるということです。

 

先方に時効が成立しましたので、今後は借金の返済をしませんよと、伝える手続きなのですが、これは口で伝えるのではありません。言葉だけでは言った言わないということになってしまい、証拠が残りません。ですから電話で宣言するということではなく、一般的には証拠として残る内容証明郵便を送ることになります。
借金の時効には、自動的に時間が過ぎたからもう大丈夫、あとはそのままにしておけばいいというわけではなく、このように援用という手続きを経なければいけないのですが、その理由はなぜなのでしょうか。

 

その理由は、民法上で定められた時効が成立するための時間が過ぎた場合に、時効の利益というものが借金の返済をなくすことであるのか、借金をした本人が選ぶことができる、ということなのです。
また本人は時効が成立していると思っても、援用手続きをしてみたら実は時効になっていなかった、という場合もあります。
さらにそのような時は援用の手続きを行ったことで再び貸金業者から遅延損害金を含めた督促が再開したりする可能性もあります。

 

そのため時効の援用については個人でもできるものではありますが、安易に考えずに自分で行うのではなくて、専門家に依頼した方が安全でしょう。

関連ページ

借金の無料相談
借金で困っている人の数はいまだに増加中です。全国の法律事務所、司法書士事務所では借金、債務整理、過払い金などの無料相談が行われています。さらにネットやフリーダイヤルでの無償相談サービスも増えました。
借金の返済について
借金問題といえば返済が困難になるケースが一番といえます。特に最近多いのは収入が急に減って返済が滞るケース。そうなったら早めに手を打って解決しる方法をご紹介します。